性器 膿 性病

性器から黄色い膿がでる

性器から黄色い膿が出る。これって性病?

なぜか下着、パンツが濡れている。
残尿かと思って性器を見てみても尿のようなサラサラ感がない。
また、精液のような白さがなく、どちらかと言えば薄黄色い液体が出ている。

 

こういった症状は、淋病かクラミジアの可能性があります。

 

特に淋病は感染して約1週間から2週間位で膿が出るという症状が現れます。
その後、排尿時の痛みを伴ってきます。

 

膿や痛みが軽減されることは少なく、放置していると更に悪化する恐れがあります。
悪化すると生殖機能にも悪影響を及ぼしますので、性器から膿が出たならばすぐに病院に行きましょう。

 

 

病院での淋病・クラミジアの治療

 

淋病やクラミジアの治療は、抗生物質にて病原菌をなくす方法がとられます。
肛門から薬を入れて治療したり、飲み薬を処方されます。
飲み薬は、数日から数週間飲み続けて治療を行います。

 

病院にて治療や飲み薬の治療を行うことで、すぐに膿はでなくなります。
しかし、完全に病原菌を無くさないと菌が体内に潜む可能性があります。

 

膿が出なくなった、排尿時の痛みが無くなったと思っても
病院でもらったお薬が無くなるまで、決して治療を止めない下さい。
出来る限り、再診して完治したことを確認しましょう。

 

 

膿が出るなど症状がないケースもあるので注意

 

また淋病やクラミジアなどの性感染症は、発症まで潜伏期間があります。
また、自覚症状がない事例も多く挙げられております。

 

心当たりがある、どうも様子が変だなと思えばすぐに検査を受けることをお勧めします。
検査は、お近くの泌尿器科や女性ならば産婦人科や女性クリニックなどで受診できます。

 

淋病やクラミジアの検査について詳しく知りたいならば、下記の記事を参考にしてくだい。

 

淋病の症状や検査方法
クラミジアの症状や検査方法について

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
性病検査キット TOP 性病・性感染症一覧 性病体験談 お問い合わせ