子宮頸がん 検査

子宮頸がん検診・検査方法

子宮頸がんの症状や検査方法について

子宮頸がんとは

 

今女性の間で深刻化されている
子宮頸がん」とは、どのような病気なのでしょうか?

 

子宮の入り口「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできる癌のことを
主に子宮頸がん(しきゅうけいがん)といいます。

 

子宮頸がんの原因となるのが、ヒトパピローマウイルス(HPV)のウイルス感染です。
ヒトパピローマウイルス(HPV)とは、皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染するウイルスで、
主に性交渉によって感染するようです。

 

日本人全体で年間15000人が発症し、約3500人が死亡している子宮頸がんは、
30歳代から40歳代で多く診断されています。
20歳代から30歳代の発症率も年々増えてきていることも明らかになりました。

 

子宮頸がんの症状と予防

 

子宮頸がんは、初期は全く症状がないことがほとんどの病気で、
痛みのなく自分ではなかなか気づくことはできません。

 

しかし、症状があらわれると月経でない時の不正出血やおりものの増加
性交のときの出血などの症状がでます。
また、月経の量が増えたり長引いたりすることもあります。

 

子宮頸がんの予防としては、セックスなど性交渉が原因でなることが多いので、
不特定多数との性交渉は避け、コンドームを使用することが大切です。

 

しかし、性行動がある女性なら誰でもなる可能性のある病気なので
子宮頸がん検診を定期的に受診することが重要です。

 

 

子宮頸がん検査キット

 

子宮頸がんは他のがんとは違い、検診でガンになる前に発見できる「予防ができる癌」です。
初期病変のうちに治療してしまえば、完治もでき妊娠も出産も可能ですので、
恐れる必要はありません。

 

子宮頸がんは、初期症状がないことがほとんどで、
放っておくと、そのまま癌の進行状況が進み手遅れになるケースががあります。
子宮頸がんを予防するには、定期的な検査が必要で、早期発見、早期治療が重要です。

 

子宮頸がんの検診・診断は、全国の婦人科クリニックで受けることができます。
検査の費用もほとんど無料で行えますので、各診察所に一度お問い合わせ下さい。

 

また検診方法として、病院に行かず自分で簡単に子宮頸がんの検査ができる
下記の子宮頸がん検査キットがありますので、ぜひ検診・検査することをお勧めします。

 

 

⇒ 自分で調べる子宮頸がん検査キットはコチラ

 

 

郵送検診

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
性病検査キット TOP 性病・性感染症一覧 性病体験談 お問い合わせ