赤痢アメーバ 検査

赤痢アメーバ 検査と症状

赤痢アメーバとは?症状や感染経路、検査方法は?

赤痢アメーバとは?

 

赤痢アメーバとは、赤痢アメーバという原虫が口から感染する消化器伝染病
日本では感染症法において五類感染症に指定されています。

 

赤痢アメーバという原虫が人の糞便中に排出され、
それに汚染された飲食物などを食べたりすることにより、口から感染。

 

衛生状態の悪い熱帯諸国などの海外で感染するケースが増えています。
世界人口の5000万人が感染していると考えられ、毎年の死亡者数は4〜7万人とされています。

 

また、性行為で広がることもあり、特に男性の同性愛者間の感染に注意が必要。
日本の男性同性愛者間では、赤痢アメーバ症と梅毒やHIV感染症・エイズなど、
他の性病との複合感染も少なくありません。

 

 

赤痢アメーバの症状と感染経路

 

通常の症状としては、排便時の下腹部痛や、
下痢・粘血便(見た目がイチゴゼリーのような便)がみられます。
排便するものがないのに便意をもよおし、何回もトイレに通うといった症状もあります。
こういったすべての症状を、赤痢アメーバ性大腸炎といいます。

 

また、ときに転移して肝膿瘍(かんのうよう)を引き起こすことがあり、
38度以上の発熱、上腹部痛、寝汗、肝腫大(肝臓の拡大)などの症状が現れます。
こういった症状を、赤痢アメーバ性肝膿瘍(かんのうよう)といいます。

 

赤痢アメーバの感染経路として、性行為では、肛門と口唇が直接接触することによって、
口から感染することが多いとされています。

 

赤痢アメーバ症は開発途上国に多く見られる病気ですが、
先進国では、男性の同性愛者の性行為によって生じることが多いようです。

 

また、梅毒やHIV感染症・エイズなど、他の性病との複合感染も多いとされています。

 

 

赤痢アメーバの検査方法と予防

 

もしも感染してしまったら、または明らかに自覚症状がある場合は、
医療機関で早期診断、早期治療を行って下さい。
発症まで約1週間〜2週間程あり、症状が出てからの検査になります。

 

男性、女性ともに内科(消化器内科)を受診してください。
また、パートナーと共に受診するようにして下さい。

 

検査法は、糞便検査を行ないます。
下痢便から栄養型の原虫が、固形便から嚢子が見つかれば診断がつきます。
また、肝膿瘍のときには血清検査や画像診断が行なわれます。
治療方法としては、治療薬を約10日間くらい服用します。

 

赤痢アメーバを予防するには、コンドームは、一定の効果がありますが、
肛門に接触しないことが一番重要です。
他には、特に海外が多いですが、衛生管理がされていない場所での
不衛生な飲食店や屋台などでの飲食も避けましょう。

 

 

 

⇒ 自分で調べる性病検査キット

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
性病検査キット TOP 性病・性感染症一覧 性病体験談 お問い合わせ