淋病 検査

淋病の症状や検査方法

淋病・淋病感染症の症状や潜伏期間、検査方法について

淋病・淋病感染症とは

 

淋病は、淋菌の感染で起こる感染症。正確には淋病感染症とよばれます。
日本では、クラミジア感染症の次に多い性感染症です。

 

淋病の感染経路は、あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)に
よって感染します。タオルからの感染も報告されている。
口を使った性行為では喉へ感染してしまうこともあります。

 

 

 

淋病の症状

 

淋病の症状は男女によって少し異なります。

 

男性の主な症状として、

  • 尿道が痒い、痛む
  • 性器から膿や出たり、少量の出血など
  • 排尿時にヒリヒリと痛む
  • 尿が濁るような分泌物や黄色の膿が出る
  • ペニス全体が腫れ上がる

 

女性の主な症状として、

  • おりものが増える
  • 緑黄色の濃いおりもの
  • 陰部が痒くなる
  • 尿道から膿が出る

 

淋病に感染すると、男性は、尿道の痒みや痛み膿が出るなど
すぐにはっきりした症状が現れます。
しかし女性は症状が軽く、淋病が進行するまで分からないこともよくあります。

 

女性の場合、放っておくと子宮内膜炎卵管炎を引き起こしたり、
子宮外妊娠卵管性不妊症の原因となることもあります。
また、妊婦が淋病に感染していると、出産時に新生児に感染します。

 

男性の淋病の症状は尿道炎で始まり、放っておくと、
尿道炎、前立腺炎を引き起こし、男性不妊症になることもあります。

 

咽喉(のど)へ感染した場合は、主な症状として、喉の腫れや痛み、発熱や風邪のような症状が現れます。
気づかずに放っておくと咽頭炎、扁桃腺炎を発症します。

 

 

淋病に感染した可能性がある

 

淋病の発症は感染後2〜7日程度
淋病だけでなく性病の恐れのある方や、
自覚症状がでた場合は、早めの検査と治療が必要です。

 

泌尿器科、婦人科(産婦人科)、性病科などのクリニック・病院などで
検査を受けることができます。

 

 

自分で淋病かどうか検査する方法

 

病院で検査することに抵抗がある方や、
誰にも知られず自分で淋病かどうか調べたいと思われる方には、
性病検査キットが販売されています。

 

淋病だけでなくクラミジアなども含め多くの性病を
誰でも簡単に自宅で検査をすることができます。

 

匿名で検査を受けられ、診断結果も早いこともあり
年々、性病検査キットを使用して検査をする人が増えています。

 

ご自身の体の為に、愛するパートナーを感染させない為にも早期発見・早期治療が望まれます。
ご自分で淋病かどうか検査する方法は、下記を御覧ください。

 

⇒ 自分で淋病を調べるには性病検査キット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
性病検査キット TOP 性病・性感染症一覧 性病体験談 お問い合わせ