デリケートゾーン 臭い 性病

デリケートゾーンの臭いは性病?

デリケートゾーンが臭う時は性病に注意

デリケートゾーン臭い

最近デリケートゾーンが臭うなと感じたことはありませんか。
いつもと違うニオイがする、強い臭いを発しているなどの症状がでた場合は注意が必要です。

 

デリケートゾーンは非常に敏感な所ですので、臭いなどの症状がでた際は、ご自身の体をチェックすることが大切です。

 

臭いの原因は、雑菌から性病まで様々に分かれますが、どのケースであっても放置しているとニオイだけでなく粘膜や肌が悪化する恐れがあるので早めに調べましょう。

 

 

デリケートゾーンのニオイの原因

 

雑菌による臭い

 

性器(外陰部)・デリケートゾーンから強い臭いがするならば心配になりますよね。
では、その臭いの原因について詳しく調べてみましょう。

 

デリケートゾーンが臭いを発する原因としてまず最初に挙げられるのが雑菌。
陰部周辺は、尿や汗などが付着しやすく、女性特有の生理の血やおりものなどあります。

 

これらが下着に付着することによって、雑菌が繁殖して老廃物を排出します。
この老廃物そのものが臭いの原因となるのです。

 

こういったデリケートゾーンの臭いを対処するには、下着やナプキンなどを頻繁に取り替えることや、
Iラインを丁寧に整えるなどして常に清潔に保つことが大切。

 

女性の多くのデリケートゾーンの臭いの原因がこの雑菌によることが多いので、
清潔に保つことを意識するだけで、臭いは軽減されるケースが多いです。

 

 

性病・性感染症の可能性

 

臭いの原因は、雑菌だけではありません。
性病の可能性もあるので注意することが必要です。

 

性器(外陰部)・デリケートゾーンやおりものから強い臭い発している、
急に臭いがキツくなってきたと感じるならば、性感染症の可能性が考えられます。

 

子宮・デリケートゾーンなどの臭いにはどのような性感染症が考えられるのでしょうか。

 

クラミジア

一般的に自覚症状のない性感染症といわれるクラミジア。
しかし、必ずしも症状がないわけではなく、おりもの増加や強いニオイを発するケースもあります。

 

淋病

クラミジアと共に感染している場合があり、淋病もまた臭いが出る症状があります。
その他にも、膿のような黄色いおりものが多くなる症状も。

 

膣トリコモナス症

膣トリコモナスも強い臭いを放つ性病の一種。
おりもののが緑色に変化したり、痒みや痛みを伴うこともあります。

 

カンジダ症

乳製品が腐ったような悪臭がする場合があります。
外陰部のかゆみや、白い固形のおりものが出るケースも。

 

 

子宮の臭いは癌の疑いも

 

デリケートゾーン・子宮から臭いがすると癌の可能性があると聞いたことがあるかもしれません。
その癌というのが、子宮頸がんや子宮体がんを表します。

 

子宮頸がんなどは、症状によるステージがあり初期段階ではほとんど症状はありません。
しかし、癌が進行していくる事によりおりものが臭ってくることがあります。
それがデリケートゾーン・子宮の臭いと感じる原因です。

 

臭いの他にも、赤茶色のおりもの、排尿時の痛み、下腹部の痛みなど
様々な症状が現れることがあります。

 

デリケートゾーン臭いは、雑菌による場合があると述べましたが、
性感染症や子宮頸がんなどの可能性も考えられます。

 

デリケートゾーンが臭いがするな、おかしいなと感じたらならば、
安易に考えて放置しないでまずは清潔にすることを心がけ、検査することをお勧めします。

 

子宮頸がんなどの検査などについて詳しく知りたいならば、こちらの子宮頸がん検診・検査方法を参考にして下さい。

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
性病検査キット TOP 性病・性感染症一覧 性病体験談 お問い合わせ