毛ジラミ 検査

毛ジラミの症状、治療や予防

毛じらみ(ケジラミ)の症状、治療や検査について

毛じらみとは

 

身体に寄生する吸血昆虫の事で、おもに陰毛に寄生しています。
頭髪に寄生する頭毛じらみ、衣服にひそむコロモジラミなどと同様に、
人の血を吸って生きています。

 

毛じらみは性行為の時、接触感染がほとんどですが、
接触の多い母子間や、タオルや毛布などを介して感染することもあります。
病気としては毛じらみ症と呼ばれています。

 

感染部の激しいかゆみが特徴です。

 

 

 

毛じらみ 症状

 

陰毛など毛の生えている部分に寄生し、強いかゆみや、湿疹などを起こします。
陰毛の接触感染が主なものですが、
肛門周囲の毛脇毛胸毛太ももの毛などに寄生することもあるので
注意が必要です。

 

かゆみを自覚するのは感染後1〜2ヶ月した頃。
かゆみに対して自覚がない方もいるようです。

 

 

 

毛じらみ感染したかも・・・

 

毛じらみに感染してしまったら、早期発見・早期治療をすることが大切。
激しいかゆみを感じたり、ケジラミを発見した際は、
医療機関ですぐに受診しましょう。

 

毛じらみは、自覚症状がでるまで約1〜2ヶ月といわれています。
毛ジラミはかなり小さいですが、目で確認することができるので発見できたらすぐに検査を。

 

パートナーも一緒に感染している場合が多いので、
二人で受診・治療をすることをお勧めします。

 

 

毛じらみ予防するには

 

毛じらみはコンドームで予防することはできません。
毛じらみ感染の予防方法はなく、
不特定多数の性交渉によって感染する場合が多いので注意しましょう。
また、毛じらみの感染経路は、性交渉だけでなく
タオルや毛布、寝具から感染することもあります。

 

毛じらみを発見したら1〜2ヶ月に以内に性交渉のあった相手や
家族も医療機関で診断を受けることが大切です。

 

 

 

⇒ 自分で性病検査できる性病検査キットはコチラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
性病検査キット TOP 性病・性感染症一覧 性病体験談 お問い合わせ