カンジタ 検査

カンジタの症状と治療、検査方法

性器カンジタ症の症状、治療と検査について

性器カンジタ症とは

 

カンジダとは、カンジダ菌によっておこる性感染症・性病ですが、
カンジダ菌はもともと人が体内で持っている菌です。

 

性行為による感染もありますが、もともと人が体内に持っている菌なので、
体調を崩すなどのきっかけでも症状を引き起こすことがあります。

 

特に性器カンジダ症は女性がよくかかりやすく、男性には症状が出ることが少ない病気です。

 

 

 

性器カンジタ症の症状

 

女性の主な症状として、外陰部や膣のかゆみや、ヨーグルト状のおりもの増加、
また性器の炎症、性交痛、排尿障害などが挙げられます。

 

女性は膣と外陰部に同時に症状が現れることが多く、
外陰膣カンジダ症(外陰炎参照)ともいわれます。

 

男性の場合には、亀頭のかゆみやただれ、亀頭に小さな水泡出たり、
尿道炎を起こすこともあります。

 

また、カンジダ菌は口腔内に存在するといわれており、
免疫力の低下などによって、幼児でも口腔カンジダ症、
カンジダ性口内炎を起こすことがあります。

 

 

 

性器カンジタ症の治療

 

1〜2週間、軟膏や膣剤など薬を使用し治療します。
女性の場合は、膣洗浄などの治療も受けます。
もしも感染してしまった、自覚症状があるならばすぐに検査して
早期発見・早期治療をすることが大切です。

 

 

性器カンジタ症を検査する方法

 

また、カンジタ症に感染している不安があるけれど、
病院で検査することに抵抗がある、時間がなくて病院に行けない、
誰にも知られたくない、という方には、自宅で検査することも可能です。

 

カンジタなど自宅にいながら自分で検査できる性病検査キットが販売されています。
匿名検査も可能なので、不安な方はぜひ検査してください。

 

カンジタと合わせて、その他の性病と検査することをお勧めします。
詳しくは下記を御覧ください。

 

 

⇒ 自分でカンジダを調べる性病検査キット

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
性病検査キット TOP 性病・性感染症一覧 性病体験談 お問い合わせ