エイズ 検査

エイズの症状・検査について

エイズ(HIV感染症)の症状や検査について

エイズ(HIV感染症)とは

 

性病感染症のエイズ。いま日本では1日に4人が感染しているといわれています。
AIDS(エイズ)は、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によるウイルス感染症。
エイズ(AIDS)の略称で知られており、正式には後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、Acquired Immune Deficiency Syndrome; AIDS)。

 

性行為により感染し、基本的には、HIV(エイズウイルス)を含む血液や精液、
膣分泌液に多く含まれており、粘膜や目に見えない傷から感染する病気。

 

口の中、ペニス、尿道、膣など相手の粘膜部分から感染の可能性があり、感染経路として、性行為や母子感染、注射器の回し打ちなど血液を介して感染します。
性行為以外の日常的な接触での感染や空気感染、食物からの感染はありません。

 

 

 

エイズの症状

 

HIV初期症状として、発熱や喉の痛み、だるさ、皮膚の発疹、咽頭炎、
筋肉痛等インフルエンザのような症状が出る場合があり
それらの症状は数週間でなくなり次の無症候期へ移行します。
症状が出ないケースもありますので判別が難しい場合もあります。

 

感染後は、症状のない期間が約5〜10年程続きます。この状態を無症候期と呼びます。
症状が出なくても体内ではHIVが増加し、リンパ球が減少して免疫力が少しずつ低下していきます。
無症状の期間は人によって異なり、1〜2年以内にエイズを発症する場合や、10年以上たっても症状が出ないケースもあります。

 

免疫力が低下しエイズの発症が近づくと、しつこい下痢やひどい寝汗、急激な体重減少などがおこる場合があります。

 

 

 

エイズ検査

 

エイズに感染に心当たりのある方や、不安な方には早めの検査をお勧めします。
婦人科(産婦人科)泌尿器科性病科などのクリニック・病院など
全国(東京・大阪・福岡・熊本・愛知・その他都道府県)で検査を受けることができます。
また、保健所などでもエイズ検査は行なっておりますので、事前に保健所などにお問い合わせ下さい。HIV検査費用も無料のところが増えてきております。

 

 

自分でエイズ(HIV)を検査する方法

 

HIVエイズは、世間的にも非常にデリケートな病気として知られていますので、
彼氏彼女、家族、友人などに検査することを知られたくない人が大半です。

 

病院に行くことに抵抗がある方や、誰にも知られず自分でエイズ検査をしたいと思われる方には、
性病検査キットが販売されていますので、誰でも簡単にエイズ検査をすることができます。

 

匿名で検査を受けられて、診断結果も早いので性病検査キットでHIV検査をする人が増えています。ご自身の体の為に、愛するパートナーを感染させない為に早期発見・早期治療が望まれます。

 

詳しくは下記を御覧ください。

 

⇒ 自分でHIV検査する性病検査キット

 

 

 

エイズは世界的に一番よく知られた性病です。
HIVに感染すると、エイズの発症を抑えながら生活することはできても、体内からHIVウィルスを取り除くことができないため、不治の病として恐れられています。

 

血液の輸血でも感染することがありますが、ごく稀なため、多くの人は性交によって感染していると考えられます。予防にはコンドームを使用するなど、粘膜と粘膜を直接接しないようにするのが有効です。しかし、それを怠ってしまってHIV感染の不安が少しでもある場合は、各自治体が行っているHIV検査で確かめることができます。

 

東京でいえば区役所、地方であれば町役場などに問い合わせ、検査の日時や場所を確かめるといいでしょう。横浜市では各区に検査場所が設けてあります。それ以外でも各都道府県には、エイズ検査を無料で行っている施設もあるのでお近くの役所に問い合わせてみましょう。

 

検査では名前はもちろん、住所や電話番号などを言う必要もありません。
その区の住民である必要もないので、絶対に人に知られたくない場合は、別の自治体に行って受けることできます。

 

秘密は完全に守られています。検査では被験者は番号を受け取ります。
その番号がいわゆる被験者の名前になります。その番号が書かれた紙をなくしてしまうともう検査の結果を聞くことはできませんので、注意が必要です。検査の場所は想像しているよりも明るい雰囲気です。

 

番号を受け取り、採決をして、2週間ほど結果を待ちます。
結果は電話で聞くことができる自治体もあれば、再来場する必要があるところもあります。
再来場すると、看護師さんのような方が陰性であっても陽性であってもお話をしてくれ、今後の生活方法について指導をしてくれます。

 

エイズの心当たりがある方や、念のために自分の体を調べたい方は、自分で検査キットで調べるか検査所で調べましょう。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
性病検査キット TOP 性病・性感染症一覧 性病体験談 お問い合わせ