ブライダルチェック 費用 項目

ブライダルチェックの費用や項目は?

将来の子供のためにブライダルチェック。その費用や項目は?

妊娠

将来好きなパートナーと一緒になって子供を授かりたい場合は、是非医療機関でブライダルチェックという健康診断を受ける事をお勧めします。

 

ブライダルチェックでは主に自身が子供を健康に授かれる体質にあるか否かを結婚前に確かめる事ができ、検診結果によっては、より授かり易い体質になる為の適切な対策もできます。

 

ブライダルチェックは、まだ世の中に知名度がそこまで浸透していませんが、結婚後すぐに子供を考えていない女性でも気軽に受診でき、幅広い視野を以って婦人科系の病気を余す事なく発見できるメリットがあります。

 

また、近いうちに結婚する予定がなくてもブライダルチェックを受ける事はでき、男性と一緒に受けることも歓迎されています。

 

ブライダルチェックはいつすればいい?

もし、結婚後すぐに妊娠を考慮しているなら、結婚式の半年前位がブライダルチェックのベストタイミングであり、その時期周辺で1日か2日完全フリーな時間を作れるようにスケジュール調整しておくと良いです。

 

ブライダルチェックの費用は?

そして医療機関の規模や検査項目の数によって、ブライダルチェックの費用は変動しますが、大体の相場は少なくても2〜5万円程度の予算を見積もっておきましょう。

 

検査項目は?

検査項目に関しては、どこまで自身の身体を詳細に診てもらうかによりますが、予め必須項目をお得なセットプランに纏めて提供している所もあれば、検査項目を2,3個だけピックアップして受診できるクリニックもあります。
恐らく乳癌や子宮がん検診などは地方自治体の検査で受けている人も多いので、勿論それらの項目を除外してコスト負担も軽減できます。

 

パートナーと一緒に

また医療機関によっては、結婚相手と受診すればペア割があったりもするので、なるべく男性も誘うようにすると経済的にも効率的です。

 

 

将来の子供のためにブライダルチェックを

 

ブライダルチェックでは、婦人科系の疾患は勿論ですが、妊娠するのに弊害になる性感染症や甲状腺異常などの病気も早期発見できるようになっています。

 

そしてブライダルチェックの検査は、会社の健康診断のように問診や触診、血液検査、尿検査など今まで一度は受けた経験のある項目が大部分なので、何も身構える必要はありません。

 

特に妊娠を近い将来考えている人は、性感染症の検査と超音波での子宮と卵巣の詳細検査は必ず受けるようにし、安心して健やかな赤ちゃんを迎えられる準備を万全にしておきましょう。

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
性病検査キット TOP 性病・性感染症一覧 性病体験談 お問い合わせ