梅毒 検査

梅毒の症状や治療、検査方法

梅毒の症状や潜伏期間、治療や検査方法について

梅毒とはどんな性病?

 

梅毒の病原体トレポネーマが、皮膚や粘膜の傷を通して
体内に侵入し、血液に入り全身に広がる性病・性感染症。
主に性行為によって感染します。
口に梅毒の病変部分がある場合、キスでも感染します。

 

昔は、不治の病として恐れられていましたが、
現代ではペニシリンなどの抗生物質が発見されたことにより早期治療で完治します。

 

梅毒に感染すると、HIVウイルスにも感染しやすくなるので合わせて検査した方がよいです。
母子感染もある性病なので、産婦人科などでは妊娠前に検診が行なわれています。

 

 

 

梅毒の症状とステージ

 

梅毒の症状は、第1〜4期と4つの段階・ステージに別れます。
詳しくみていきましょう。

 

第一期梅毒(約3週間から3か月まで)

 

梅毒の菌が入った場所が腫れます。
男性は、亀頭や亀頭冠状溝に分泌物がかぶっているしこりのようなものができます。
また、太ももの付け根のリンパ節腫脹もみられます。
女性は、陰茎や陰唇にしこりができます。
腫れやしこりは放置していれば消えるので注意が必要です。

 

 

第二期梅毒(約3か月から3年まで)

 

第2期梅毒では様々な症状がでます。
病原菌が血液に入るので、全身の皮膚や粘膜に赤いブツブツや発疹ができます。
これは、梅毒ばら疹とよばれ、赤い斑点のようなものです。

 

手の平、足の裏などにみられるカサカサした乾癬のような皮疹(梅毒性乾癬)や、
喉の白い浸軟や扁桃腺の腫れ(梅毒性アンギーナ)、
陰部のジュクジュクした扁平に隆起したしこり(扁平コンジローム)などが出てきます。
そして、全身のリンパ節が腫れてきます。

 

 

第三期梅毒(3年から10年)

 

皮下組織にできる大きく弾力のあるしこり(肉芽腫)がみられます。
結節性梅毒疹やゴム腫などといわれます。
体調のよい時期が数年間続きますが、皮膚や内臓で病気は静かに悪化していきます。

 

 

第四期梅毒(10年以上)

 

現在では、第3期以降の梅毒をみることはほとんどありませんが、
心臓、血管、神経、目、皮膚、骨、歯などに重い障害が現れます。

 

 

梅毒の治療

 

梅毒の治療は、抗生物質ペニシリンの内服や注射で治療します。
ペニシリンのアレルギーのあるには他の種類の抗生物質での治療となります。

 

昔と違って早期治療で完治する病気ですので、
感染の可能性があるならば、早めに検査することをお勧めします。

 

 

性病検査キットで梅毒を調べる方法

 

梅毒の可能性や不安がある人や、自覚症状がある場合は、
早期に医療機関へ行くことをお勧めします。

 

また、感染しているかもという不安があるけれど、
病院で検査することに抵抗がある、時間がなくて病院に行けない、
誰にも知られたくない、という方には、自宅で検査することも可能です。

 

梅毒など自宅にいながら自分で検査できる性病検査キットが販売されています。
匿名検査も可能なので、不安な方はぜひ検査してください。

 

梅毒と合わせてエイズ検査や、その他の性病と検査することをお勧めします。
詳しくは下記を御覧ください。

 

 

⇒ 自分で梅毒を調べる性病検査キット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
性病検査キット TOP 性病・性感染症一覧 性病体験談 お問い合わせ